オリコン日本顧客満足度ランキングでカードローン比較してみた

ランキングと言えば、オリコン日本顧客満足度ランキング。

そこで、2015年「総合」満足度ランキングでカードローンを比較してみました。

1位 住信SBIネット銀行

2位 北洋銀行

3位 楽天銀行

4位 三菱東京UFJ銀行

5位 三井住友銀行

6位 三井住友カード

7位 みずほ銀行

8位 りそな銀行

9位 イオン銀行

10位 七十七銀行

となっています。

失礼ながら、この中で2位に入っている「北洋銀行」って知りません。

ちなみに、「利用のしやすさ」満足度ランキングでは、この北洋銀行が1位でした。

調べてみたところ、北海道の銀行のようですね。利用条件を調べたら、「お住まい、および勤務先が道内にある方」となっています。な~んだ。

でも、そんな地域限定のカードローンが、オリコンの日本顧客満足度ランキングの上位に入っているんですから、すごいですね。

案外、地方銀行のカードローンって掘り出し物かもしれません。利用できる人が限られているだけに、メリットがあるのかも。

ちなみに、総合1位の住信SBI銀行のカードローンは、「金利」「借り入れ手続き」の項目でも1位になっていました。

即日融資「銀行」「消費者金融」どっちがおすすめ?

『即日融資』とは申し込んだその日のうちに借入れができるという今人気の融資商品です。
この即日融資は「カードローン」などと呼ばれることが一般的ですが、カードローンには「銀行」と「消費者金融」で取り扱うもの大きく二種類があります。
どちらもカードローンとして同じ機能がありますが、両者の違いは「総量規制の対象となるか・ならないか」というところにあります。
『総量規制』とは金融業者に関わる法律で、総量規制では個人への融資を行う際は「年収の3分の1まで」と融資額を制限しています。
この総量規制の対象となるのが消費者金融で、銀行のカードローンには総量規制は対象となりません。
「消費者金融の方が簡単にお金を借りられると思った」という方も多いかと思いますが、実は最近は消費者金融からの借入れの方が借りるのが難しくなっているのです。
しかし、総量規制の範囲内での借り入れであれば消費者金融はサービスも使い勝手もかなり良いので、少額であれば消費者金融もとてもおすすめです。
銀行カードローンは低金利で大きな額を借り入れることがで、まとまったお金を借りたい場合や初めてカードローンを契約する場合には銀行カードローンがおすすめです。

銀行or銀行系カードローン即日融資の違い

近年はインターネットからお金が借りられるのでとっても便利ですよね。
店頭に行ってお金を借りるとなると誰かに見られていないか心配になってしまいますが、インターネットから申込みができれば誰にも知られずにお金を借りることができます。
しかもカードローン即日融資もインターネットから申し込むことができるので、急にお金が必要になった時には大変心強い存在です。
カードローンを利用する場合に銀行と銀行系のカードローンがありますが、この2つの違いってわかりますか?
銀行のカードローンの運営会社は銀行で、銀行融資のうち個人向けの商品、総量規制外になります。
銀行系カードローンの運営会社は消費者金融会社で銀行が作った子会社または銀行と消費者金融の共同出資会社になります。
銀行とついていても消費者金融的要素が濃く、総量規制の対象になります。
系とつくだけで大きな違いになるので、自分が借りようと思っているカードローンがどういうものなのかよく把握してから借りるようにしましょう。
また銀行のカードローンの方が金利が安くなりますが審査は厳しくなります。

「過払い金の無料相談」に関するCMが注目される理由

テレビCMのなかには、思わずチャンネルを替えたくなるほど嫌な内容もあります。
もちろん、制作側は悪意があって行っているわけではありませんが、受取る側の反応は人それぞれですので、その点にも配慮が必要ですね。
また、テレビを視聴する側は、過去の体験が原因となって、特定のCMが流れると、なんともいえない気持ちになることもあります。
いま、よく流れているCMのひとつに、「過払い金の無料相談」があります。
これは、消費者金融に借入経験がある人や、現在、返済中の人を対象にしたものです。
具体的にいうと、消費者金融の利息が高い時代があり、その期間に払っていた利息を計算し直して、払い過ぎが分かったときは、返済を求めることができるしくみです。
しかも、借入を完済している場合でも、10年以内なら請求が可能です。
また、支払った利息を計算し直した結果、借入がゼロになるどころか、払い過ぎ分が戻ってくる場合もあるのです。
私の知り合いにもそういう人がいて、専門家の無料相談を利用したおかげで、借入がゼロになるどころか、「おつり」が返ってきたそうです。
もちろん、すべての人に該当するのではありませんが、もし、心当たりのある人は、ダメ元で相談することをお勧めします。ところで即日発行が可能なクレカは日本に一つしかないらしいですね。

カードローンの借り入れ体験

私は5年くらい前から買い物依存症になっていました。クレジットカードを際限なく使用してしまうのです。店舗で、インターネット通販、テレビ通販など、見るもの見るもの購入してしまっていました。それこそ、安いものは納豆100個から、高いものは何十万円もする宝石まで様々でした。

当然、支払いがままならなくなってきます。最初のうちは貯金を切り崩して支払いをしていました。何とか切り崩した貯金でカード支払い分を毎回1回払いで済ませていましたが、そのうちに貯金も底をつきました。

仕方なく思いついた手は、クレジットカードの支払いをリボ払いにすることでした。金利15%で毎月3万円の支払い。これなら何とかやっていけると思いました。

それまでで、クレジットカードを使用することをやめていれば何とかなったのでしょうが、リボ払いにした分、毎月の支払いが楽になったので、ますますクレジットカードでの買い物が増えてしまいました。

気がつけば120万円ほどの未払い金がたまっていました。もう隠し通すことはできません。主人に正直に話しました。非常に怒られたことは言うまでもありません。

借り替えて返さなければ、大変なことになると思い、銀行でカードローンを組むことにしました。取引のあるいくつかの銀行を当たった結果、中央労金で借りるのが、一番審査も通りやすく、金利も安いことが分かったので、主人名義で中央労金から借りました。
現在は、金利4%で、毎月20,000円ずつ返済をしています。

もし労金の審査に通らなければ、こういう所を使っていたと思います。

即日融資までしたデートが報われると良いね!

結婚して子供が3人もいると、すっかり色恋沙汰に縁が無くなってしまい寂しい限りです。夫ですか?もう「家族」としてしか見ることができないから対象外ですね。お互いに「所帯染みたなー」と思っている感じ。まあうちだけかもしれませんが。

だからか、独身の人たちの恋愛話を聞くのが楽しくてたまりません。聞いてるだけでドキドキしてきますね。本当におばちゃんになってしまったものです。年齢なら30代なのに、もう60代くらいの気分・・。

先日は、会社の後輩くんの恋バナを聞いて幸せ気分のおすそ分けをもらいました。後輩くんにはずっと片思いをしてた女性がいるそうなんですが、クリスマスイブにやっとデートが出来たとか!イブに初デートなんて「本命から逃げられたから後輩くんに来たんじゃないのー?」なんて無粋な考えがよぎりましたが、嬉しそうな後輩くんには言いませんでしたよ。

「いきなりのOKだったからバタバタしましたよ。実は諦めてたからお金も用意してなかったんです。でも、ネットで即日融資が出来たから何とか乗り切りました!」と嬉しそうな後輩くん。

それにしても、ネットで、しかも即日でお金を借りられるなんてすごい時代ですよね!私はキャッシングどころかショッピングでもカードを使ったことが無い人間ですが「いざという時のために作っておこうかな」とも思っています。後輩くんの努力も身を結びますように!

借金問題は無料相談で

借金問題を相談するのは、やはり無料相談でしてくれるところが一番ですよね。
弁護士事務所に頼むにしても、どの程度のお金を請求されるかとおもったら怖くて依頼なんてできないですからね。
借金問題無料相談でネット検索すると、無料で相談を受けてくれる場所が分かるはずです。
初回相談だけは無料でしてくれる弁護士事務所が多いですね。
中々、やはり弁護士さんにお願いするというのは決意がいりますよね。
借金問題を抱えている人にとったら、少しでも安く解決したいとおもいますよね。
というか、どのくらいの料金がいるかどうか分からないものにお金をかける勇気がないでしょうしね。
借金を作ったのが悪いことなんでしょうけどね。
借金がどうにもならなくなったら無料でどうにかしようなんて事は思いませんが、どこに相談すれば安心して任せららるかが知りたいですよね。
それを知るにはやはり口コミなどを調べるといいのかなあ?
弁護士と聞くだけでかなりのお金がかかると思ってしまいますもんね。
しかし、悩んでいても仕方ないわけですから思い切って相談するのが一番の解決法なのかもしれませんね。
悩むよりもまずは弁護士さんに相談しに足を向けることですよね。
どこまで無料相談になるのかはわかりませんがね。